コンテンツへスキップ

日動画廊の歴史

“洋画商” 第一号のスタート

昭和三年(1928年)の春、東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業したばかりの友人の絵を二点携えた青年が、東京から横浜へ向かっていました。その青年こそ、後の日動画廊の創業者、長谷川仁その人です。彼は親友の弟に「洋画商はこれから将来性がある仕事だ」と助言され、洋画商の道を進み、日本の洋画商第一号として歩み始めることを決心するのでした。

“誰もやったことのない洋画商という仕事は、神の声を人々に伝道するのに似た覚悟が必要です”
日動画廊創業者 長谷川仁

先駆となった日動画廊

昭和六年(1931年)十一月の文化の日に、数寄屋橋に近い銀座の日本動産火災保険ビルの一階に画廊がオープンしました。その時は「東京画廊」の看板を掲げていましたが、二か月後の昭和七年の元旦には「日動画廊」の看板が掲げられました。大家の社名を縮めた名を使ったわけですが、大家でさえまだ「日本動産火災」と言っていた頃のこと、新進の気風を表した看板であったといえるでしょう。

明治のころから画商、洋画商の姿はわずかながらありましたが、本格的な洋画商は日動画廊が日本で初めてであり、ましてや洋画専門に扱う本格的「画廊」としては、日動画廊が先鞭を取っていました。

「日動画廊は洋画のデパートだ」

権威や大家の傘下に寄ることなく、新進作家の援助を惜しまず、常に画家と誠意をもって接しながら、伝道の心で多くの人々に芸術を広めようと心を砕いた長谷川仁。「日動画廊は洋画のデパートだ」と揶揄を含んだ風評も聞こえてきましたが、長谷川は自分の道を信じ、有名無名、高価なものも安価なものも取り混ぜ、「画商が自分の好みを押し付けるのは良くない」という姿勢を貫き、多くの作品を展示するよう努めてました。

“俺は見てないんだから知らないよ。お前が良いと思えば買えばいいじゃないか”

日動画廊の次代へ、日本美術界の次代へ

長谷川仁が六十歳を過ぎたころ、長男、次男はすでに没し、三男の長谷川徳七がカナダ留学の後に銀行員となっていました。当初は長女の婿が日動画廊二代目となって継ぐ予定でしたが急遽徳七に白羽の矢が当たり、全く異なる世界へと足を踏み入れることになりました。とはいっても幼少期より洋画に接し、画家たちに接しながら育った徳七のこと。審美眼、鑑定眼は自ずと養われていたのです。

入社後数年を経た徳七が三十歳になるかならない頃のこと。作品の買い付けにヨーロッパに渡っていた徳七から、すでに引退表明をしていた仁へ国際電話がはいりました。当時一億円の値がついていた絵を買ってよいかどうかの相談でした。それに対して仁は「俺は見てないんだから知らないよ。お前が良いと思えば買えばいいじゃないか」と一任。この篤い信頼が徳七の自信と責任感の礎となり、実践教育の糧となったのです。

「清水の舞台から飛び降りた気で買います。何とかして売らないといけないと重責も痛感します。その真剣さが目を養うんです。何日間もかけられないから即決力も養われました。普通、初代は二代目に譲るといっても、いつまでたっても子供は子供で、任せきらないんじゃないでしょうか。だから難しい。そういう意味で父にとても感謝しています」と、その時の経験を現日動画廊社長の長谷川徳七は感慨深く語ります。

徳七の時代になり昭和生まれの作家を対象とした「昭和会」もスタートしました。自身と近い世代の画家たちを育て、世に出していこうと考えた徳七の意を具現化した「昭和会」は昭和会賞他、様々な賞も設けられ、受賞作家たちのその後の活動もバックアップするというきめ細かさも加味され、時代の作家を育てる貴重な場として今へと続けられています。

作品購入の際の注意事項

各店舗展覧会期間中のすべての販売作品は、在庫を確認後に販売となります。購入をご希望の方は、ページ下部の【お問い合わせ】または【購入申込手続き】に必要事項を記載し、『送信』または『購入申込』ボタンを押しお申し込みください。

在庫確認の上、1営業日以内に弊社担当者から金額、お支払方法・期限などを、E-mailにてご連絡いたします。在庫の表示は実店舗との関係もあり、実情をすぐに反映することができていない場合がございます。また、注文後の作品保留期限は3営業日となっておりますのでご了承いただきますようお願いいたします。

期限内の返信がない場合、その他ご質問のある方は弊社までご連絡ください。

日動画廊(谷口):03-3571-2553 (平日 11:00~17:00)

遠藤 彰子

Endo Akiko  (1947~)

【プロフィール】

1947 東京都に生まれる
1968 武蔵野美術短期大学卒業
1972 女流画家協会展・マツダ賞受賞。インド旅行(〜73年)
1973 二紀会展・奨励賞受賞。昭和会招待出品
(以後78年まで出品)

1974 女流画家協会展・Y夫人賞受賞、アサヒ賞受賞
<「楽園の住人達」120F>、二紀会展・佳作賞受賞 <「楽園の住人達」120F>

1975 女流画家協会展・木村賞受賞 <「楽園」100変>、
二紀会展・佐伯奨励賞受賞 <「音楽」100F>、
現代美術選抜展招待出品(文化庁)

1977 遠藤彰子展(紀伊國屋画廊)
1978 昭和会展・林武賞受賞 <「広場」80変>
1979 安井賞展出品(以後86年まで出品)、二紀会展・
同人優賞受賞 <「街」150F>

1980 女流画家協会展・女流画家協会賞受賞 <「駅」100F>、
二紀会展・宮本賞受賞 <「都会」200変 >

1981 ヨーロッパ旅行
1982 現代の女流画家展出品(以後毎年出品)
1983 女流画家協会展・甲斐賞受賞 <「私風景・街」>、
二紀会展・会員賞受賞 <「街・street」200F>

1984 日本青年画家展出品、第6回明日への具象展出品 <「私の街」100F>、相模原市買上収蔵 <「たそがれの街」200変
(二紀会展出品作)>

1985 遠藤彰子展(西武アート・フォーラム)
1986 安井賞展・安井賞受賞 <「遠い日」200F>、二紀会展・会員優賞受賞 <「光景」300変>、文化庁・芸術家在外派遣研修(〜87年)、現代日本の美術3ー戦後生まれの作家たち展出品
(宮城県美術館)、<「街」200F、「岐路」200F>、
ザ・メッセージー現代日本絵画83人展出品 <「夏の終り」50S>

1987 東京国立近代美術館買上収蔵 <「遠い日」200F>、新潟市美術館買上収蔵 <「たそがれの街」200F>、相模原市買上収蔵 <
「迷宮の街」200変>、第2回具象絵画ビエンナーレ展出品
(神奈川県立近代美術館他)、<「私の街」100F、「とばり」100F、「私の海」80F>、両洋の眼展出品

1988 ソビエト取材旅行、道展出品(宮城県美術館) <「岐路」200F>
1989 おもしろシティ・ふしぎ都市展出品(北海道立近代美術館)、<「街(ストリート)」200F>、第2回今日のガラス絵展出品
(浜松市美術館)、<「街」ガラス絵、「遠い日」油彩23×32.5cm>

1990 両洋の眼・現代の絵画展出品 <「みつめる空」100S>、
二紀会展・文部大臣賞受賞 <「私は来ている、此処に、何度も」500F>、第1回日本洋画再考展出品 <「土曜日の午後」30F>、第3回今日のガラス絵展出品(浜松市美術館)作品収蔵、
<「街」ガラス絵、「広場」ガラス絵>

1991 第13回日本秀作美術展出品 <「みつめる空」100S>、
現代美術秀作展出品(常葉美術館)買上収蔵 <「とばり」100F>、現代日本絵画展出品(北京・古宮博物院) <「街」200号>、ジャパンフェスティバル1991出品(ロンドン)

1992 遠藤彰子展(西武アート・フォーラム)、第2回日本洋画再考展出品 <「朝のおとずれ」3点組各4F>、両洋の眼・現代の絵画展出品
1993 第15回日本秀作美術展出品 <「午睡」100S>、
文化庁買上収蔵 <「ゆふぐれの果実」200変>、横浜美術館買上収蔵 <「街(Steet)」200F>、東広島美術館買上収蔵 <「見下げる空」」100F>、IMA「絵画の今日」展出品(新宿三越美術館)、<「鏡を過ぎる広場」150F>、現代の視覚’93展出品
(有楽町アート・フォーラム) <「刻ふりつむ」120F>、両洋の眼・現代の絵画展出品 <「棲みつきし夢」100S>

1994 第16回日本秀作美術展出品 <「刻ふりつむ」120F>、
相模原市買上収蔵 <「見つめる空」500F>

1995 金山平三賞記念美術展出品(兵庫県立近代美術館)、遠藤彰子「アトリエの住人たち展」(日本橋三越本店)、IMA「絵画の今日」展出品 <「死なしむな夢」500P>
1996 遠藤彰子展(神奈川県民ホール)、上野の森美術館買上収蔵 <「星」100S>、笠間日動美術館買上収蔵 <「訪う」100F>
1997 両洋の眼・現代の絵画展出品 <「揺れる刻」100S>、第19回日本秀作美術展出品 <「棲みつきし夢」100S>、IMA「絵画の今日」展出品 <「地図にはあらぬ」100S>、日本経済新聞夕刊「刑事たちの夏」挿し絵担当(〜98年)
1998 第20回日本秀作美術展出品 <「揺れる風」100S>、遠藤彰子展(日動画廊・名古屋日動画廊)
1999 両洋の眼展出品 <「たそがれの辺り」100S>、第21回日本秀作美術展出品 <「たそがれの辺り」100S>、「ふるさとニッポン展」(北海道立旭川市美術館)
2000 第22回日本秀作美術展出品 <「たそがれの辺り」100S>、北海道立旭川市美術館収蔵 <「路(みち)」300F>
2001 刻の花、遠藤彰子展(日本橋三越本店)
<500号7点を含む40点>、21世紀のメッセージ展(日動画廊)

2002 第24回日本秀作美術展出品 <「揺れる刻」100S>、安井賞40年の軌跡展 <「遠い日」200F>
2003 安井賞40年の軌跡(福岡県立美術館ほか)<「遠い日」200F>
2004 日本画壇の精華〜日本画対洋画展 (砺波市立美術館ほか)
<「揺れる風」100S>、力強き生命の詩 遠藤彰子展(府中市美術館)、朝日新聞朝刊「讃歌」挿し絵担当(〜05年)、戦後美術「俊英の煌めき」(川越市立美術館) <「ゆふぐれの果実」200M>

2005 朝日新聞朝刊「讃歌」挿し絵担当、ふるさとの美 富山を描く一二〇景 富山県立近代美術館、わたしの美術館展 横浜美術館 <「街(Steet)」200F>
2006 遠藤彰子展 Akism 生命を謳う (茨城県つくば美術館)、二紀会展・内閣総理大臣賞<「見しこと」500F×2>
2007 平成十八年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞(美術部門)、遠藤彰子展 私は来ている 此処に、何度も (網走市立美術館)
2013 Artist Today 2013(日動画廊/東京)/  第10回 女性画家の姿展(日動画廊/名古屋)
2016 Artist Today 2016(日動画廊/東京)
現在  武蔵野美術大学教授、二紀会理事、女流画家協会委員

鵜飼義丈

Yoshitake Ukai (1975~)

【プロフィール】

1975 静岡県生まれ
1998 名古屋芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

日展会友、新日春展会員、浄土宗芸術家協会会員、浄土宗僧侶、神奈川県在住

 

【展覧会】

1997 日展入選 (以降12回)
1999 日春展(入選12回、日春賞3回、外務大臣賞1回、読売新聞社賞1回)
2000 川端龍子賞展(入選1回、佳作2回)        
     富嶽ビエンナーレ入選(3回)
2001 フィレンツェ賞入選
2002 浄土宗芸術祭 (以降毎年)
2003 上野の森美術大賞入選
2007 第42回昭和会展入選 (日動画廊、2011年入選)
2010 奈良万葉日本画大賞展入選
2011 ART TAIPEI 2011 (日動画廊ブース、以降毎年)
2015 第50回昭和会展 松村謙三賞 (日動画廊)
2016 鵜飼義丈展 (アートフェア東京2016 日動画廊ブース)